朝食にキウイはNG!夜食べるべき美白食材とは

5610996885_80cab30e7f

美白のために食生活に気を使おうと思っている人は多いと思います。でも、美白になれる食材を食べるだけでは、色白になれるとは限らないのです。今回は、夜に食べるべき美白食材を紹介したいと思います!

夜に食べるべき美白食材を紹介

  • キウイ
  • レモンなどかんきつ類
  • いちじく
  • セロリ

これらの食材はたしかに美白にもいいものなのですが、朝にはあまり積極的に食べない方がいいのです。キウイやオレンジなどの果物は夜のデザートとして食べるようにします。セロリはグリーンスムージーに入れて朝食に飲む人もいると思いますが、これも夜に飲む方がいいでしょう。

朝にダメで夜にはOKな理由とは?

キウイなど、朝食に向いていそうな食材なのに、どうして朝食べない方がいいのでしょうか?それは、これらの食材に含まれるソラレンという物質が持つ光毒性という特性が理由です。

光毒性とは、日光が当たることによって肌が過剰反応し、メラニン色素が出やすい状態になってしまうことです。ソラレンを含む食材を朝に食べると、その後日光に当たるので美白できるどころか、日焼けしたりシミができたりしやすくなってしまうんですよ。

光毒性があると言っても食べる分にはそこまで深刻な影響があるわけではなく時間が経てば落ち着くものですが、地黒の人は特に日焼けしやすい人が多いので、十分に注意した方がいいのではないでしょうか。

果汁が肌につくことの問題

ソラレンの影響は、食事として摂取する分にはそこまで大きいわけではありませんが、怖いのは果汁が皮膚についてしまうことです。

たとえばレモンの場合、絞る際に果汁が皮膚に飛ぶこともあります。また、皮の部分にソラレンが多く含まれるのですが、皮の部分を持ってそのまま顔を触ったりすると、顔にも成分が付着しますよね。

この影響は食べた場合よりも大きくなり人によっては過剰反応を起こしやすくなります。十分に取扱いに気を付けていれば防げるものではありますが、やはりこれらの食材は朝に食べるとリスクが大きいので、なるべく夜に食べるのがおすすめですよ。

⇒色白になるには?地黒のための美白化粧品で色白になる方法はこちら! サエル