地黒に見える人と色白に見える人の違い

3741508475_e3beabb8e4

地黒に見える人と色白に見える人では、ただ肌の色が違う、というだけではありません。実は、他にもいろんな理由があって、地黒な人は地黒に、色白の人は色白に見えているのです。

肌トラブルが肌を黒く見せている!

肌の色が問題だと言うよりも、肌トラブルのせいで肌が黒く見えてしまうことがあります。肌が荒れているとその分影が多くなります。逆に、そこまで肌が白くなくても、肌トラブルのないつるつるの肌だと色白に見えやすいというメリットがあります。

肌が荒れがちな人は、それだけで色黒に見えがちです。美白に集中するよりも、肌荒れを治すことの方を優先すべきではないでしょうか。

肌荒れを治すには、あれこれスキンケアをするよりも、しっかりと保湿をして、もし肌荒れがひどければ皮膚科で診察してもらうなどして対策をしていきましょう。

産毛が濃いと色黒に見える!?

わたしたち人間の体には、産毛が生えていますよね。顔の場合は濃い産毛が生えているわけではありませんが、それでも産毛があるのと無いのとでは肌の色が変わって見えます。

そのため、産毛は脱毛してしまうか、せめてこまめにシェービングするのがおすすめです。全体に暗くくすんだ印象の顔色も、キレイにシェービングするだけで見違えるように明るい顔色になるはずですよ。

ただ、カミソリでシェービングすると角質まで削ってしまい肌荒れの原因にもなりますから、顔用の電気シェーバーを使うなどして肌をいたわりながら産毛処理をしてくださいね。

髪型や髪色の影響も!

髪は、顔の額縁とも言われます。実際、髪型によって人の印象は大きく変わりますよね。前髪の影によって顔色が暗く見える場合もありますので、前髪を長くしすぎないようにしたり、前髪を上げて額を出すようにすると顔色が明るく見えますよ。

また、髪色によっては肌が暗く見えることもあります。髪の色は、肌色との相性もあります。人によって肌が白く見える髪色は違うので、美容師さんに相談してみるのがおすすめです。

地黒だと思っている人でも、ここに紹介したような原因をクリアすればかなり色白に見える可能性もあります。ぜひ、改善できるところは改善してくださいね。

⇒色白になるには?地黒のための美白化粧品で色白になる方法はこちら! サエル