地黒の人が忘れがち!日焼け止めを塗り忘れているところはありませんか?

日焼け止めを塗ることによってある程度日焼けを防ぐことはできますが、日焼け止めを塗っているつもりでも完璧ではない人も多いのではないでしょうか?日焼け止めは、全身くまなく塗らなければ日焼けしてしまうところが出てきます。あなたは、塗り忘れているところが無いでしょうか?

顔は、くまなく全体に塗れていますか?

108139247_81df889079
顔は必ず日焼け止めを塗るべきところですが、ムラになってしまっていませんか?顔は目や鼻などがある分ムラができやすく、ちゃんと塗っているつもりでも塗れていないところもあるものです。

たとえば、フェイスライン。口周り。目周り。フェイスラインは髪の毛に付くのを恐れてキワまで塗れていないことがありますし、口周りや目周りもいい加減に塗ってしまっている人がいます。細かいところは指先を使って、丁寧に塗っていきましょう。

耳と首の後ろは大丈夫?

忘れがちなのが、耳と、首の後ろです。顔や首は全体的に塗っていても、耳と首の後ろを忘れている人は多いものです。耳は出っ張っている分日焼けしやすいですし、首の後ろも髪の毛で隠れていない場合は直射日光が当たりやすいところです。

また、デコルテも忘れがちなところなので、忘れないようにきっちり塗るようにしましょう。

手はこまめに塗り直しを!

日焼け止めは腕や脚など全身に塗る必要がありますが、特にはがれやすいのは手です。朝、指先まできちんと塗ることと、その後もこまめに塗り直すことが大切です。

それから、夏はサンダルを履く人も多いと思いますが、その際には足の甲も忘れず日焼け止めを塗りましょう。足の甲の日焼け止めを忘れているとサンダルの形の日焼けができてしまいますよ。

全身くまなく日焼け止めを塗ろう

色白を目指すなら、日焼け止めは全身くまなく、そして丁寧にきっちり塗ることが大切です。いい加減に塗り伸ばしているだけではムラができてしまいますし、そもそも使用量が足りていない場合もあるものです。

色白になるためには紫外線対策は必須。ぜひ、日焼け止めの塗り忘れや塗りムラがないように気を付けてくださいね!

⇒色白になるには?地黒のための美白化粧品で色白になる方法はこちら! サエル