地黒の人でも効果を感じられる美白成分一覧

美白成分と言われるものには、いろいろな種類があり、その働きもさまざまです。美白基礎化粧品を選ぶうえで、どのような美白成分にどのような働きがあるのかを知っておくのは大切なことなんですよ。

美白成分のおもな働き

6130272283_c47b798e56
美白成分の働きは、大きく分けて4つに分けることができます。

  • 紫外線が入ってきたという情報伝達を防ぐ
  • メラニンの生成を防ぐ
  • メラニンが角質細胞へ渡るのを防ぐ
  • メラニンを還元する

上から3つは、「これ以上メラニンを作らせない」という働きで、メラニンを還元するというのはすでに今あるメラニンを薄くするという働きです。

一見、メラニンを還元して肌を白くする成分は魅力的に思えますが、それだけでは美白はできないので、やはり「これ以上メラニンを作らせない」という対策も必要です。

効果のある美白成分を紹介!

  • これ以上メラニンを作らせない働きを持つ美白成分
    m-トラネキサム酸
    カモミラET
    t-AMCHA
    アルブチン
    エラグ酸
    グラブリジン
    コウジ酸
    ハイドロキノン
    ビタミンC誘導体
    プラセンタエキス
    マグノリグナン
    リノール酸
    ルシノール
  • 今あるメラニンを還元する働きを持つ美白成分
    イソフラボン
    エナジーシグナルAMP
    グラブリジン
    ハイドロキノン
    ビタミンC誘導体
    プラセンタエキス

自分に合った美白基礎化粧品を見つけよう!

たくさんありますが、美白基礎化粧品によってさまざまな組み合わせで配合されていて、人によって効果を感じやすいもの・感じにくいものは違います。

ポイントとしては、「これ以上メラニンを作らせない」美白成分と、「今あるメラニンを還元する」美白成分が、両方入っているのが理想です。美白成分の中にはハイドロキノンやビタミンC誘導体など両方の働きを併せ持つものもありますから、ぜひ試してみてくださいね。

美白基礎化粧品を選ぶ際には、どの美白成分が入っているのかをチェックして、はじめにトライアルセットを試した上で現品を購入するようにすると効果の無い美白基礎化粧品を避けることができますよ。

⇒色白になるには?地黒のための美白化粧品で色白になる方法はこちら! サエル